モダン「いき」プロジェクト

「いき」(iki)というキーワードを現代に蘇らせ、理解を深め、
デザインやアートにご活用いただき、国際語として広めることを目指します

「いき」の適用対象

(Farnsworth House built by Ludwig Mies van der Rohe in 1951)

"Less is more."

- Ludwig Mies van der Rohe, architect

 

「いき」にはさまざまな適用対象があります。

「いき」ではないもの

「いき」は日常に接した範囲で表れます。絵画のような、芸術の一部の領域は、非日常に属し、「いき」とはいいにくいことがあります。美術館の中の芸術品となってしまうと、「いき」が失われることもあります。

「いき」と野暮

「いき」の反対は、野暮、または無粋です。ただ、「いき」ではないから野暮であるわけではありません。「いき」でも野暮でもないという状態があります。